ジャスティン・キーナン選手


秋田ノーザンハピネッツの新加入外国人ジャスティン・キーナン選手は日本初来日であります。よく、「外国人選手は使ってみないと評価が分からない」と聞かれます。それもそもはず、いわゆる助っ人でありますので、日本人選手にはない、フィジカルはもちろん、テクニック等、局面を打破できるアグレッシブな個の力を求められます。

だからといって、あまりにも気が強く、ラフプレーが過ぎるなど、周りと調和できなくて扱いにくい性格もネックになりますので、慎重にならざるを得ないのですね。ジャスティン・キーナン選手は契約したのが今年の8月1日です。
★ポジション:パワーフォワード、センター
★生年月日:1988・5.2
★出身地:アメリカ・ミシガン州
★身長体重:201センチ・120キロ
★主な経歴:米フェリス州立大卒。ウルグアイリーグでは得点王を獲得。昨季はアルゼンチンのサン・マルティン・コリエンテスの所属した。

ジャスティン・キーナン選手に求められること

実際に初めての地、秋田へ移り住み、練習合流は8月の中旬からになります。ジャスティン・キーナン選手に求められることは、インサイド、アウトサイドの両方をこなせる選手です。リングにアタックする意識がとても強く、アグレッシブなプレーが期待できるとのことです。
先に行われた東北アーリーカップでは早速期待通りのプレーを見せてくれました。体格的にが頑丈そうで、動き出しは遅いのかな?と思いきや、するすると動いてリバウンドやゴール下からのシュートを量産していきました。そのゴール下から反動をつけてお尻を突き出すテクニックが、早くも話題を呼んでいます。専門的にはどうなんでしょうか?

それにここぞという時の外角シュートも打てますので、まさにオールラウンダーな選手です。もちろん、そうした選手を活かすも殺すも、選手間の連携次第となりますが、現在きっちりと仕上げていると思います。


ペップHCは「一人の選手だけが得点が偏るのは良くない」とのことですが、局面を打開できる個の力から、試合の流れが変わることもありますし、彼に注意を引き付けて、他の選手が隙を見て躍動できます。

やっぱりチーム力の一つの現れ方、オプションはたくさんあった方が見る分には、楽しいし、頼もしいです。

ジャスティン・キーナン選手のお尻がやばすぎる動画

こちらではジャスティン・キーナン選手のアグレッシブなプレーをご覧になれます。とても献身的でスムーズなプレースタイルですね。

ジャスティン・キーナン選手の過去を暴露

父親がバスケのコーチをしていたため、6歳から競技を始めた。高校までアメリカンフットボールもしていたが、大学ではバスケに専念。NCAA(全米大学体育協会)2部で地区別のベスト5にも選ばれた。卒業後、ウルグアイなどの、プロクラブで活躍。中南米でのコーチキャリアもある、ペップHCに得点力に加え攻守にわたる献身性を評価された。
プレシーズンゲームでは、ゴール下の力強いプレーとともに、3Pも決め、シュートレンジの広さを感じさせた。練習でもディフェンスでペップHCの特徴的なシステムを吸収しようと、精力的だ。「接触は多いが、チームメイトと険悪な雰囲気びなることもない」とてもいい環境でバスケが出来ていると話す。
故郷は、冬に気温が下がり氷点下になることもあり、雪も降る地域。だが「ここ7年は南半球にいたから、寒い冬は久しぶりだね」と笑う。寒さを忘れさせるような熱いプレーに期待したい。秋田魁新聞より。