ハピネッツ 応援の仕方

今シーズン(2019~2020)の注目点~未来への展望

2019~20シーズンはハピネッツは新HCの前田顕蔵氏、(相性はケンゾー)体制へとシフトした。昨シーズンとは補強選手の選考も違い、本気でチャンピオンシップを狙う体制が整いつつある。

チームは早ければこの7月から新体制がスタートする。(去年は8月のお盆過ぎだった)
ペップ元HCの激しいディフェンスを維持させながら、オフェンス面での仕掛けを増やす新しい試みもある。果たしてどんな進化を見せてくれるのだろう?久しぶりにワクワク感が止まらない。

富山グラウジーズの例を挙げるならば、B1・B2入替戦 2017-18での残留争いを何とかしのいでからの昨シーズンは、チャンピオンシップ出場を果たした活躍はとても見事だった。

➡ハピネッツどうよ!まさか過去2年連続残留プレーオフから今回CSに行く富山のチーム作りを参考にするべきか?

選手の補強や、勝ちにこだわるチーム内の意志統一、戦術理解等の努力が実を結んだのだろう。やるべき方向性を間違わなければ、それはそのままハピネッツにも当然、当てはまると思う。

昨シーズンはスタート選手とセカンド選手との差があり、タイムシェアが出来ないで、チームの約束事もあいまいになり、前半リードを奪うも、後半スタミナ切れでミスから逆転を許し、勝てる試合を落としたことが結構あった。

今シーズンは選手補強が功を奏し、いきなりトップ3に対して、圧倒的な攻撃力を備えることは、当然期待はある。しかし現実的ではないのだろう。

新チームになってからはこうした接戦を如何に勝ち切るか?そうした積み重ねが大事になってくる。これは試合を通して経験しながら学び、成長して行くところに、チームとしての不動心が養われていく。

ただ、B1復帰しての2シーズン目は、ある程度自信を持ってもいいと思う。自分たちを信じて、まずは勝率5割を目指して戦ってほしい。んでねー?

秋田ノーザンハピネッツの通信簿!2018~2019シーズン

17勝43敗:東地区5位:B1リーグ18チーム中15位
スチール王:中山拓哉選手:1試合平均2.2
ブロック王:カディーム・コールビー選手:1試合平均2.4
二人ともB1初受賞!本当におめでとうございます!

※画像はAKT秋田テレビ様からの引用です。色が変わっている部分がハピネッツが勝利したチーム。残念ながら上位チームからはほとんど勝てなかった。
平均得点:71.37:18チーム中16位
2Pシュート成功率:42.1%:18チーム中17位
3Pシュート成功率:30.7%:18チーム中17位
ターンオーバー:1試合平均15.7:リーグワースト
ファウル数:1試合平均23.6:リーグワースト
外のシュートの確率が低く、相手にインサイドを固められる展開に苦労した印象が残った。
⇒2019-20シーズン秋田ノーザンハピネッツ選手補強&強化策は?川崎が東地区にマジでやばい!

2019年4月14日B1残留決定!秋田ノーザンハピネッツは自力で北海道を破り、B1昇格組としては初めてB1残留を決めた。最低限の仕事はして見せた。B1の厚い壁にさぞかし眠れぬ夜が続いたでしょうね。その分かけがえのないも積みました。ここからが本当のスタートですね。秋田からB1の光を消さないで本当に良かったです。

2018~2019シーズンの見どころや注目点

はい、これはね、秋田ノーザンハピネッツとライジングゼファー福岡がB1昇格しましたが、その戦いは如何に?という点でありますよ!昨シーズンの西宮ストークスと島根スサノオマジックの二の舞になるのかどうか?ってことです。「どうせぼろ負けさ!」なんて、もしかしたら興味深く、決して悪意はないのです。残酷かもしれませんが、結果がすべての世界であります。彼らの足りなかった部分、見えていますか?

籠球(ろうきゅう)侍的には、復帰したシーズンはB2に降格しないで、B1を維持できれば合格だと思います。そりゃあね、金足農みたいに、勝ち星を重ね、躍進する姿は理想ですよ。だけどまずはハピネッツの成長を、苦しくともチームの成長を願います。

ぼこぼこにされても心折れることなく生き残ったすれば、まずは第一段階としての成功だと思います。そこから、また一歩一歩、歩みを進めていってほしいと思います。真のチームの熟成こそが王道だと思うのですね。選手補強に奔走することなく、タレントをそろえることなく、今いる選手で花を咲かせる。その姿が感動を呼び、いつしか不動のものとなるその日までチャレンジするのだろうし、優勝も夢でなくなるし、応援し続ける喜びもあります。ハピネッツの確実なステップアップこそ、成功し続ける「カギ」であります。

18-19 B1 秋田ノーザンハピネッツ成績

17勝43敗 勝率283 東地区5位 リーグ15位 
B1に復帰したハピネッツはその壁に何度も跳ね返された。若いチームは前半リードしても後半に、ミスで逆転を許すパターンに悩まされた。特に強豪チームには、オフェンスが重い時間帯があり、点差を広げられた。選手のタイムシェアが出来ずに、ワードワークによる過労も深刻だった。それでも後半になって日本人戦手のオフェンスの意識が変わった。よりシンプルにゴールへと向かう姿勢を悟り、結果を出した。福岡がB2降格が決まり、ハピネッツには追い風であり、北海道に連勝してB1残留を決めた。

ピンクの勝負服を選んだハピネッツ選手一覧