野本健吾、ウィリアムス・ニカ選手不完全燃焼からの脱皮!2019-20シーズンやっと台風の目になれるのか?


秋田ノーザンハピネッツは現在2019-20シーズンに向けてチーム編成を進めている最中です。選手補強選考も実に理にかなった選手を獲得し、B1を戦い抜き、是が非でもチャンピオンシップへ行くのだ!と熱い想いが伝わってきます。

また継続選手も相次ぎ、レベルアップした野本選手や晴れて日本人になった、ウィリアムス・ニカ選手の活躍が期待されて、本当に2019-20シーズンが待ち遠しくなったのではないでしょうか?

野本健吾選手がマジやばい!なにこのレベルアップ!


※この野本見るにペップがいかにディフェンスだけこだわってたかわかるな。確かにディフェンスも大事なのはわかるけど選手の長所つぶしすぎもいかんよね。
引用:https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1561068303/601-700

ウィリアムス・ニカ選手の決意

彼は今シーズンは帰化申請も遅れ不本意だったろうに思います。それでも腐らずに、途中B2の福島に期限付き移籍で、試合勘を養ってきました。やっとこさ、ハピネッツのピンクの勝負服を着て自分のパフォーマンスを出せる環境が整ったわけです。でも、公式に契約更新が遅れたのは?どうしてなんだろう?やっぱりジェンコ(お金)のもんだいかな?

今シーズンも秋田でプレーできることをとてもありがたく思っています。
昨シーズン加入してから応援してくださった全てのブースターのみなさんに感謝しています。その温かい気持ちに応えて恩返しするために、自分のすべてを尽くしていきます。2019-20シーズンもチームメイト、コーチ、チームスタッフとともに全力で戦い、秋田ノーザンハピネッツを上のレベルに押し上げられるように切磋琢磨していきます。ありがとうございます。
引用:https://northern-happinets.com/news/detail/id=14301

さらに帰化したとたん、バスケットの日本代表候補にも選ばれて練習に呼ばれちゃったよー。2019-20シーズンの活躍が待ち遠しい!
その前に9月のアーリーカップで仕上がり具合を確認できますよね。東北では優勝がもう義務ですからね!

今シーズンの補強はB2主体で、それでも当初、ペップの求めるディフェンスが出来る選手が集まったとされたのでしたが、蓋をあけてみたら、選手間の格差があり、タイムシェアが出来ずに相当苦労しました。

※今回のハピネッツマガジン中身濃いぞ! ペップ主導のB2人選&B1知らずは吹いた。ペップがB1のレベル&選手を知らなくてB2メンバー中心の選手を集めたって内容。え、天皇杯であれだけ川崎にボコボコにされたのに… あした見れるからじっくり見てみるわ。引用:https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1561068303/701-800

よくぞ、B1残留したよなーと正直に思ったのですが、やはりペップ元HCの手腕があればこそだったのですね。そう思えます。だって同じ福岡や先の島根は、1年で降格してしまったのですからー。

そして新しいヘッドコーチに就任した前田顕蔵氏はそのペップから引き継ぎさらに進化させるプランがあるとのことで、ハードワークのメリハリ、駆け引き、選手間の約束事を、もう少しオフェンスに特化してくるのかもしれません。

※今さらだけどペップのスタイルを継承しつつ戦術アップデートっていう会社の方針すごいいいね 。マーケティング的にストーリー性もあるし希望が持てる。
引用:https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/basket/1561068303/601-700

余りに一辺倒な激しいディフェンスを栃木やA東京や千葉みたいに、要所で発揮させるような戦い方。今シーズンはハピネッツのディフェンスをもってしても、かないませんでした。そこを反省、修正してアジャストすると思います。

だから敗戦から学んで、強くなって、今シーズンとは違った景色を、ハピネッツファンは見ることができるでしょうね。

さて、そろそろ、保岡龍斗選手の継続表明があってもいいと思いますが、、、。

➡ピンクの勝負服を選んだハピネッツ選手一覧&決意表明